写真で綴る登山と旅のあれこれ

広島アルプス(大町、カガラ山、武田山、大茶臼山、己斐峠)

登った日

2018年11月25日(日)

天気

  • 晴れ

標高

  • カガラ山 212m
  • 武田山 410m
  • 火山 488m
  • 大茶臼山 413m

コースタイム

大町駅(9:40)→大町コース登山口(9:50)→大町権現水(10:10)→カガラ山(10:30)→武田山(銀山城址)(11:00/11:30)→弓場(11:40/11:50)→火山(12:20/12:50)→石山(13:20)→丸山(14:00)→畑峠(14:20)→大茶臼山(14:30)→立石城址(14:40)→己斐峠(15:10)

登山口までのアクセス(電車)

広島駅から大町駅まで約20分

駐車場

持ち物+α

参考URL


広島のアルプスを歩いてきました

広島城や原爆ドームなどがある中心街のすぐ西側に
標高500mほどの山が南北約15kmに渡って連なる山地です

歩き応えも十分で海まで見渡せる大展望の縦走路が
アクセスもよく日帰りで手軽に楽しめるアルプスでした

大町コース登山口へ

8:45 広島駅

広島駅_改札のWeolomeの文字

自宅がある神戸から新幹線で1時間ちょっと
関西でも奥地の山へ行くよりずっと近いです

広島駅からJR可部線に乗り換えて
約20分で大町駅へ到着

広島_大町駅の改札口

駅のホームにはハイカーらしき姿は一人もなく
登山口への標識もないので駅前の通りを山の方へ歩くこと約10分

勘だけを頼りに登山口まで辿り着きました

広島アルプス_大町コース登山口

大町コースの登山口

広島アルプス_登山口

おはようございます!
髪に落ち葉を付けたオッチャンが下りてきた
地元の人の朝の散歩コースにもなっているようです

・・・

今日のガイドは、仕事で広島に転勤になり
すっかり広島人になってしまったmochoさん

久しぶりの友人とじっくりと語り合うのにも
山歩きはちょうどいいです

広島アルプス_登山道

登り始めてすぐに水を買い忘れたことに気が付いて
水場で水分補給していきました

広島アルプス_大町観音名水

大町観音名水
この季節でも冷たすぎず美味しい水でした

広島アルプス_水場

登山道は複雑に分岐していますが
標識はよく整備されています

広島アルプス_登山道の標識

でもその地名が全く分からなかったりします…
これもご当地アルプスならではかな

歩き始めて30分ほどで稜線へ

広島アルプス_武田山

青空が眩しい最初のピークへ

広島アルプス_ガガラ山

カガラ山
珍しい山名をゲットするのも楽しみです

カガラ山

たぶん日本でここだけかと思いきや
調べるともう一山あるようです

それも県内の尾道に

どんな意味なんだろう

広島弁?

標識にはガガラ山と記されているものもありましたが
こちらは魚のカサゴの一種だそう
岩がゴツゴツした感じに近いかも

・・・

稜線の樹木はまだ青々と繁っていて
秋の訪れも遅いようです

広島アルプス_登山道

天気もよく暖かかったので
すぐに汗をかいて上着は不要でした
もう11月も終わりなのに

海の近くで温暖なのかと思ったら
関西よりも雪は多いとか

広島アルプス_登山道

標高も低いし稜線に上がれば
楽々のハイキングかと甘くみてました

広島アルプス_登山道

アップダウンが大きく激しい登り返しに
ヒーヒー言って登る。。。

広島アルプス_登山道

森を抜けたら山頂はもうすぐ

広島アルプス_登山道

そこは開けた岩場
見渡しても山頂の碑があるわけでもなく
銀山(かなやま)城址の看板があるだけ

先に腰を下ろしていた女性に
ここは山頂ですかと訊かれたけれど分からなかった

広島アルプス_武田山

たぶん武田山頂からの眺め

広島武田山唐の眺め

鎌倉時代に甲斐(山梨)の武田家から分派した
武田信光が城を築いた山だそうです

武田山(広島)_山頂からの眺め

広島の街を一望する眺め
縦走路でも一番の展望でした

太田川の三角州に拡がる広島の街

山頂から見渡せる山並と島並
宮島はまだ縦走路の山陰になって少しだけ

武田山(広島)の山頂にあった展望指示

周防大島は・・・最近どこかで耳にしたような?

先月にタンカーが橋脚に衝突して
島中が断水したことがニュースになりました
今もまだ復旧していないそう

・・・

武田山から縦走路を南へ少し下ったところに
名物の弓道体験ができるお楽しみもあります

武田山の弓場

地元の子供達そっちのけで遊ばせてもらいました

何度やってもビヨ~ン…と届かず。。。

一発でスパーンと射貫いたmochoさん
弓道経験者さすがです

・・・

大勢のハイキング客で賑わっていた武田山を離れると
登山道は急に静かになりました

広島アルプス_登山道

時々すれ違うのは
縦走者やトレランナーなどの猛者たち

何度も登り返すので
思ったよりずっとタフなアルプスでした

広島アルプス_登山道

・・・

火山
ここが広島アルプスの最高峰
たぶん"ひやま"です

広島アルプス_火山

その昔ここで狼煙を上げたことに由来するそうです

広島アルプス_火山からの眺め

狭い山頂からは東西の空が開けています

遠くに一段と高く見える中国山地の峰々
広島県の最高峰の恐羅漢山(1346m)も見えているはず

広島アルプス_火山からの眺め

安佐南区

豪雨災害の影響も心配でしたが
登山道を歩いた限りでは傷痕は分かりませんでした

麓には新しく造成された宅地が広がって見えましたが
ひょっとして・・・

広島アルプス_登山道からの眺め

石山
展望のいい岩場を貸し切りでした

広島アルプス_石山

ホットカリン湯で暖をとりながら縦走路を振り返る
よく歩いたもんだ。。

広島アルプス_縦走路

ここなら夜景を見に登るのもよさそうです

広島アルプス_登山道から安佐南区

縦走も終盤へ

広島アルプス_夕日に向かって歩く

たぶん丸山です
表示は見つけられず

広島アルプス_丸山

細い道ですが踏み跡はしっかりついてます

広島アルプス_登山道

この季節は大きなクモが巣を張っているので
とくに背の高い人は頭上に注意

・・・

突然に舗道に出ます
山上の施設の管理道?

広島アルプスの登山道

道を渡って東に30mほど行くとすぐに登山道へ
草に覆われていて一瞬ひるみましたが入口だけです

広島アルプスの登山道

大茶臼山 413m
展望なし

広島アルプス_大茶臼山

電波塔が占拠する山頂から
登山道は緩やかに下り始めます

広島アルプス_大茶臼山の電波塔

立石城址の展望岩

広島アルプス_立石城址

ここからの眺めが楽しみでした
逆光になってしまいましたが宮島も眺められます
島というより巨大な山でした

広島アルプス_立石城址の展望岩からの眺め

トレーニングにやってきた父娘なのか
二人の会話に聞こえる地元の言葉がどこか懐かしかった

縦走路は海まで行けるようですが
今日はここまで

・・・

ここから激下りの始まり

広島アルプス_立石城址からの登山道

磨かれて滑りやすい岩の急斜面
雨水でえぐられた粘土質の登山道
転倒注意

広島アルプス_立石城址の登山道

最後の区間が土砂崩れのため
下山口が少し変更になっていました

こんなところに出てきます

広島アルプス_大茶臼山の登山口

逆向きだと分かり難いかもしれません

横断歩道もなく車の交通量は多め
大型のショッピングセンターがあるそうです

広島アルプス_己斐峠

己斐(こい)峠に到着
ボンバス(約15分間隔)で西広島駅へ無事に下山

広島アルプス_己斐峠バス停

・・・

広電(路面電車)で少し観光して帰りました

広島原爆ドーム

新幹線を使えば日帰り圏内も広がりますね
いつも車なので快適さに感動すら覚えました。。

広島お好み焼き_みっちゃん

厳島神社のイメージしかなかった宮島は
島というより海に浮かぶ巨大な山

最高峰の弥山(535m)には登れるらしいので
次に広島に来るときは登ってみたいと思います

スポンサーサイト
  1. 2018/11/25(日) 12:47:54|
  2. 小旅
  3. | コメント:0
<<【兵庫】有馬富士(風のミュージアム・千丈寺湖) | ホーム | 【四国】飯野山(讃岐富士)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タイヘー

Author:タイヘー
健康のために山を始めました
近所の六甲山から全国の名山まで
マイペースでも一歩づつ山頂へ
新しい驚きと感動に満ちた山旅を!

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

コンテンツ

FC2カウンター

管理用