写真で綴る登山と旅のあれこれ

【四国】石鎚山②(土小屋→石鎚山→西之川)

2日目:土小屋→石鎚山→西之川

2018/11/18(日)

国民宿舎石鎚(7:50)→二の鎖下(9:20)→巻道→石鎚山(弥山)(10:00/10:10)→天狗岳(10:30)→弥山(10:40/11:20)→二の鎖下(11:30)→夜明峠(11:45)→前社森小屋(12:00)→石鎚神社(12:40)→山頂成就駅(12:50/13:00)→山麓下谷駅(13:10)

8:00
国民宿舎石鎚

国民宿舎_石鎚山の駐車場

山小屋の朝にしては遅めの出発になった

恐る恐る外へ出てみると気温は4℃

国民宿舎の温度計_4℃

風もなく穏やかに晴れた朝

しっかり食べて睡眠も十分なので寒さは感じなかった

昨晩は宿の窓から西条の夜景も見えていた
そのすぐ向うは瀬戸内海だ

国民宿舎の駐車場に置かれた望遠鏡_麓の西条市が見える

海岸(海抜ゼロ)から20km足らずで
標高1500mを超える峰々が連なる四国アルプス

この急峻さが他の山にはない魅力です

国民宿舎石鎚から見える瓶ヶ森の眺め

土小屋ルート

昨日は私の遅刻で登れなかった
石鎚山の頂へリベンジです

国定公園石鎚山の大きな看板

昨夕は真っ暗で何も見えなかった登山道を引き返します

土小屋ルート登山道_ブナとカエデの木立

石鎚山へ最短で登ることができる土小屋ルートは
西之川からの表参道と並ぶ人気のルート

土小屋ルート登山道_朝日に輝く笹原

紅葉のピーク時には登山道で渋滞も発生するほど
大勢の登山客が詰め掛けるそうですが

この時期は小鳥のさえずりしか聞こえない静かな登山道です

土小屋ルートから瓶ヶ森の遠望

既に落葉していましたがブナが美しい森は
コケが美しい森でもあります‥素敵

土小屋ルート登山道のコケ

日陰には数日前の雪も残っていた
雪と霧氷で一面が真っ白だったそう

土小屋ルート登山道_日陰に残った雪

きわどい登山道が続きますが
よく整備されています

さすが国定公園
愛媛県が太っ腹なのかな

土小屋ルート登山道_木道

笹の尾根に上がると朝日を浴びた石鎚山が現れた

夜明峠から眺めると屏風のような山容ですが
こちらからだと岩の鋭鋒に見える

土小屋ルートから石鎚山の眺め

この展望の贅沢さも土小屋ルートの魅力です

土小屋ルートから石鎚山の眺め

正面の尾根を直登して南尖峰から天狗岳に至るルートも
かつては歩かれていたそうですが

今の山と高原地図では破線ルートになっています

土小屋ルートから石鎚山の眺め

たしか10年前に登ったときには
地元のオッチャンに行くよう勧められたっけ。。全くの初心者だったのに

土小屋ルートから石鎚山の眺め

ここがその東陵基部の分岐

あえて分かり難くしてあるのか標識はなく踏み跡程度
少し登ったところに通行禁止の立札が見えました

試しの鎖でビビってるような私には到底無理ですけどね。。

東陵基部の分岐

日も高くなり土小屋からの緩やかな登りで一汗かいたところで
西之川からの表参道ルートと合流して二の鎖小屋へ到着

どこからか法螺貝の音が岩壁に響いていた

土小屋ルートから石鎚山の眺め

二の鎖~山頂

二の鎖下の小屋
最終トイレと避難小屋があります

小屋はまだ新しく中は清潔で快適そうです

小屋横のポリバケツに水が溜めてありましたが
手洗い用なのか飲用なのかは不明

二の鎖下の小屋

さて鎖で行くか巻道で行くか…

前日の夕方に通過した時とは状況が一変していた

朝が早いためまだ気温が低く霜も降りていた
数日前に積もった雪がもし残っていて凍っていたら…

二の鎖は下から見上げるとほぼ垂直の壁
距離も長く上部がどうなっているか分からなかった

途中で進めなくなると
行くも地獄、帰るも地獄になりかねない‥

ちょうどそのとき西之川から登ってきた2人組の
ベテランと思しきオッチャンが迷わず鎖を登っていった

申し訳ないけど悲鳴などが聞こえないか
しばらく様子を見させてもらうことに。。スミマセン

何事もなく登られているようでしたが
途中で手こずっている気配だったので

自分たちは無難に巻道を登ることにした

・・・

非常階段のような立派な巻道です
結果的にこちらの方が無難で早かった

前はこんなのあったかな…

巻道の階段

三日前の雪の跡
1日違えば雪山もありえたってことか。。

今シーズン初の雪歩きにちょっとはしゃぐ

迂回路に溜まった雪

巻道の途中に面河渓方面の分岐を発見
二ノ森や堂ヶ森へもいつか行ってみたい

面河渓ルートの分岐

一度階段の快適さを知ってしまうともう鎖には戻れず
三の鎖も巻いて一気に山頂へ

迂回路の階段

石鎚山頂 弥山~天狗岳

石鎚山頂(弥山)

石鎚山山頂_弥山_祠は改修工事中

山頂小屋の今季の営業は11月3日まで
来年は5月1日からです

山頂小屋の営業期間の張り紙

弥山から眺める天狗岳

先客の2人組のオッチャンは行くかどうかで議論していたけど
僅かでもあっちが最高峰ならやっぱり行きたくなる

弥山から天狗岳への稜線

弥山から天狗岳へ
最初だけ鎖にぶら下がって大きな段差を下ります

弥山から天狗岳への稜線

ジェットコースターのような稜線ルート

以前は特に怖かった記憶がなかったのに
今回は身がすくむほど怖かった。。

弥山から天狗岳への稜線

それもそのはず
ルートが絶壁ギリギリに変更されていた

弥山から天狗岳への稜線_危険個所

たしか昔は崖から離れた草付きの方を通ってましたが
植生が踏み荒らされてしまったみたいです

途中に崖から身を乗り出すように岩の上に立つ箇所があり
立って歩くことができず四つん這いで進みました。。ヒー

・・・

天狗岳山頂 1982m
贅沢な景色を貸し切りでした

天狗岳山頂

弥山からさっきのオッチャンの話し声が聞こえていた
まだ行くかどうかで議論していた

天狗岳から弥山の眺め

二ノ森と堂ヶ森の稜線
絵になります

二の森と堂ヶ森

山容はアルペンチックでも笹に覆われている
四国の山の風景です

二ノ森と堂が森

条件がよければ遠く九州の阿蘇、九重も見えるそうです
まさに西日本のテッペン!

天狗岳からニノ森と堂ヶ森の眺め

西の眺めは剣山へと続く四国山地の稜線

天狗岳から瓶ヶ森方面の眺め_UFOライン

百名山の石鎚山から、二百名山の笹ヶ峰、赤石山、三百名山の瓶ヶ森、伊予富士・・・
これほど200名山、300名山が集中する山域は、信州の他では稀だと思う

いかん。。登りたい山がどんどん増えて目移りしてしまう
これでは来年は四国キャンペーンになりそうです

ニノ森と堂ヶ森のアップ

昼食は怖くない場所がよかったので弥山に戻ります

天狗岳から弥山の眺め

ちょっぴり高度慣れてしまって
復路は恐怖感が半減しているから不思議
これも修行の効果なのかな

弥山と天狗岳の稜線

弥山に戻ると西之川ロープウェイの始発で登ってきた登山客も到着し始めて賑やかになっていた
眺めのいい場所に腰を下ろしてのんびり昼食とコーヒーを楽しんで帰りました

石鎚山頂神社

表参道で西之川へ下山

鎖は・・・もういいや。。

前ヶ社森の小屋と試しの鎖

八丁坂のブナやカエデの森は落葉していても素晴らしかった
次は新緑か紅葉の季節にまた来よう

八丁坂のブナの森

石鎚神社に無事下山!

石鎚神社中宮成就社

土産物屋で、まだかき氷やアイスが売っている理由が分かりました
もう11月中旬なのに

石鎚神社の旅館街と土産物屋

ロープウェイ山頂成就駅に到着
はて何を成就したかったんだっけ。。

石鎚ロープウェイ山頂駅

下りのロープウェイの車内でアナウンスが聞こえてきた

"石鎚山に一度登った人は、二度目は友人とやってくる"
"そして三度登った人は一生この山に魅せられ通い続ける…"

瓶ヶ森

調べてみると実は私は今回が三回目。。

たぶんその予言は当たる

そんな気がした石鎚山でした

~おわり~

スポンサーサイト
  1. 2018/10/08(月) 10:53:36|
  2. 小旅
  3. | コメント:0
<<3Dで眺める山の風景 | ホーム | 南アルプス白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)⑤>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タイヘー

Author:タイヘー
健康のために山を始めました
近所の六甲山から全国の名山まで
マイペースでも一歩づつ山頂へ
新しい驚きと感動に満ちた山旅を!

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

コンテンツ

FC2カウンター

管理用