写真で綴る登山と旅のあれこれ

鳳凰三山③(南御室小屋~観音岳~夜叉神峠)

雲海の道

2018年4月30日

南御室小屋(4:00)→薬師小屋(5:40)→薬師岳(5:50)→観音岳(6:30/7:40)→薬師岳(8:20)→薬師小屋(8:30)→南御室小屋(9:30/11:20)→苺平(12:00)→辻山(12:30)→苺平(12:50)→杖立峠(14:00)→夜叉神峠(14:40/15:00)→夜叉神の森P(15:40)

2:50
微妙に斜めのテントで
体が壁際に寄ってマットから落ちていた

テント内の気温は2℃

昨日より暖かいはずが

体を冷やしてしまったのか
寒くて起きられなかった

シュラフにくるまって
しばらく体を温めなおしながら

外の気配に耳を澄ませていると
遠くに滝のような音が聞こえる

稜線は風があるようだ

行くか…
止めようか…

ピ・リ・リ・リ・・・♪

3:00
二度寝の誘惑に
引きずり込まれる寸前

時計のアラームに救われた

・・・

日の出を見ながら朝食しに
再び稜線まで行ってみよう

南御室小屋_登山道

今日はみんな下山するのか
初日より落ち着いて静かなテン場

水場の横の霜柱に足を載せると
感触もなく音もしなかった

4:00
単独登山道に向かう

南御室小屋_ルート

前日に歩いた道だ
アイゼンの使い処も分かっているので
スムーズだった

・・・

今朝も起き抜けに歩くこと1時間

日の出の時刻が近かった

前日に写真家の男性と会った岩場に立つと
息苦しい樹林帯からいきなり展望が広がった

鳳凰山_北岳_眺め

北岳の頂にかかる満月
急ぎ隠れるように沈んでいく

鳳凰山_北岳_月

日の出の前の一瞬
山がざわめくようなこの気配

谷から沸き上がるような強風に
ウィンドブレーカのフードを被っても
すぐに吹き剥がされてしまう

鳳凰三山_薬師岳_日の出

月が沈むのとほぼ同時に
反対側の空から太陽が顔を出した

鳳凰三山_薬師岳_日の出

稜線を越えて吹く風の音か

無数の沢の水を集めて流れる
野呂川の水音の反響なのか

重低音のような暗騒音のような
久しぶりに山の音を聞いた

鳳凰三山_薬師岳_日の出

昨日は登頂の目的があったけど

鳳凰三山_薬師岳_日の出

今日は思う存分に山の時間を楽しもう!

鳳凰三山_薬師岳_日の出

薬師岳
巻雲がでて昨日より空が高かった

鳳凰三山_薬師岳

鳳凰山

歴史上その山名が登場するのは
古くは奈良時代にまで遡るそう

江戸時代には地誌にも
度々登場するそうですが

どの山頂を指すのかは謎だそう

地蔵岳のみの一山説

観音岳と薬師岳の二山説

標高は地蔵岳を上回る
稜線の西の高嶺も加える説など

一般的には
地蔵岳、観音岳、薬師岳

総称して
鳳凰三山と呼ぶそうです

鳳凰三山

どこも絶景ですが

薬師岳から観音岳へ

展望の素晴らしさでは
この稜線がハイライトかな

鳳凰三山_稜線_薬師岳から観音岳

登ってよかった
昨日と同じ場所なのに

鳳凰三山_稜線_薬師岳から観音岳

スマホに三脚をつけて
雲海を撮る男性がいた

”タイムラプス”
写真でもなく動画でもない

パラパラ漫画のように写真をつなぐと
雲海が生き物のように動いて
楽しい作品が撮れるそう

いいことを教えてもらいました
このブログでも試してみようかな

鳳凰三山_稜線_雲海

”北海道の家族に早速送信します”

ムツゴロウさんのようなオッチャン
フェリーと車で遠征だそう

鳳凰三山_稜線_雲海

阿寒岳、羊蹄山・・

GWに登れる北海道の山は
意外とあるそうで

樽前山

さすがホームグラウンドの山も
スケールがデカイこと。。

来年の連休遠征は…いいかも

鳳凰三山_稜線

日本百名山
人気の山は混むのが難点ですが

日本中から登山者が集まる
楽しみもありますね

鳳凰三山_稜線

観音岳
ここで朝食にするつもりが

鳳凰三山_観音岳

風が強くパイプのオブジェも
低い音を立てて鳴っていた

鳳凰三山_観音岳_山頂

この山頂でライチョウを見たという人も

やっぱり天気は下り坂なのかな

鳳凰三山_観音岳_山頂

間ノ岳 3189mと北岳 3193m

鳳凰三山_観音岳_間ノ岳と北岳

北岳は日本第二位の
標高として知られますが

控えめな山名のせいもあるのか
それ以上でも以下でもないような、、

でもここから
間ノ岳、農鳥岳、塩見岳、荒川、赤石・・と
軒並み3000m級が続く稜線なんて
国内でここだけ

鳳凰三山_観音岳_南アルプス稜線

まさに日本一の稜線!
今年こそ!

鳳凰三山_観音岳_南アルプス稜線

大手PBブランドの安コーヒーでも
山の香りをブレンドすると

これが極上コーヒーになるんだな。。

こんなにいい天気なら
もう一泊しようかとも考えましたが

鳳凰三山_稜線

”一期一会の山の掟”

鳳凰三山_稜線_イワヒバリ

ガツガツした山をすると
ロクな目に遭わない経験則もあるので

帰ります!

鳳凰三山_稜線

・・・

9.30
南御室小屋

南御室小屋

小屋番さんが屋根に上って
アンテナの修理中だった

タップリの日差しが降り注ぐテン場
撤収作業も気分よく済ませて

出発前に少し早目の昼食

小屋前のベンチで
一人ラーメンを食べていると

いつの間にか周囲で
みんなラーメンを食べていた

これ山アルアル

・・・

11:20
下山開始

南御室小屋_登山道_残雪

ちょうど登りの人と交錯する時間帯

道を譲るためにトレースを一歩外れると
100%踏み抜きます。。これには参った

新しいスパッツも
アイゼンを引っかけてバッサリ、、

南御室小屋_登山道_残雪_踏み抜き

苺平から辻山に寄り道

破線ルートなので
ほぼ全行程ヒザまで踏み抜き
一部ヤブコギすが…

北岳を真正面に望める穴場です

山の主のカモシカにも会えるそう
今回はクマ鈴がよくなかったかな

辻山_登山道

1961年の山火事で拓けた地点

展望もいいので休息やビバーグの
好立地になっているとか

鳳凰山_夜叉神峠ルート_登山道

こんなに登った記憶もないほど
不安になるほど延々と続く下り・・・

登山靴の中で足の爪が
悲鳴を上げ始めたころ

鳳凰山_夜叉神峠ルート_登山道

前から登ってくる
中高生くらいの3人組とすれ違った

オートキャンプで使うような
大きなテントにシュラフを抱えて

ヘッドランプどころか
水を持っているのかも怪しかった

鳳凰山_夜叉神峠ルート_登山道

がんばって!

既に誰かに怒られたのか

目を逸らすように元気がないので
声をかけみたら

顔が明るくなった

この山でこの天気

3人もいれば
大丈夫でしょうけど

きっと散々な目に遭いますよ。。

そして記憶に残る冒険になるはず

ひょっとしたらこれを機に
山にのめり込むかもね

菓子が詰まったコンビニの袋から
ピザポテトがやたら美味そうで
少し羨ましかった。。

鳳凰山_夜叉神峠ルート_登山道_カラマツ

・・・ということで

15:00 夜叉神峠
無事に下山

鳳凰山_夜叉神峠小屋

さーて早く帰って温泉だ!
コンビニにも寄ってみよっと

~おわり~

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2018/04/30(月) 08:45:47|
  2. 山行記
  3. | コメント:0
<<山でよく耳にする鳴き声の正体は? | ホーム | 鳳凰三山②(薬師岳・観音岳・地蔵岳)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タイヘー

Author:タイヘー
健康のために山を始めました
近所の六甲山から全国の名山まで
マイペースでも一歩づつ山頂へ
新しい驚きと感動に満ちた山旅を!

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

コンテンツ

FC2カウンター

管理用