写真で綴る登山と旅のあれこれ

【兵庫】三草山(加東市)

登った日

2018年12月24日(月祝)

天気

  • 晴れ

標高

  • 三草山 424m

コースタイム

三草(山口)登山口P(9:50)→(三草コース)→三草山(11:10/11:30)→(鹿野コース)→天狗岩(12:10/12:20)→鹿野登山口(13:00)→昭和池(13:30)→三草登山口P(13:50)

登山口までのアクセス(車)

国道372号線から登山口標識を入り約300m 狭い区間あり(1車線幅) トイレあり

駐車場

三草(山口)登山口 40台 無料

持ち物+α

参考URL


播磨平野の北端に見張り台のように佇む三草山

源平合戦の"三草山の戦い"の歴史舞台としても知られ
遥か六甲山や淡路島まで見渡せる大展望の名山でした

三草山 源平合戦の山

9:30 三草(山口)登山口
立派な駐車場にトイレもあります

三草山登山口の駐車場

国道372号線沿いの山口バス停付近から
登山口の標識を約300m入ったところにあります

三草山登山口

入口がやや狭い道ですが見通しもよく
離合スペースもあるので問題なし

三草山登山口

駐車場に設置された登山道のイラストマップ
今日は時計回りに三草コースで登り鹿野コースで下ります
地図にはありませんが周回できるルートがちゃんとあります

三草山登山口の登山コース

駐車場のすぐ横に見えるピークが山頂かと思い
登り始めたのですが・・・

三草山登山道

標識もリードもないので
何か変だと思いつつ

三草山登山道

山頂への取り付きの標識を探していたら
なんとか昭和池に出た

三草山_昭和池

気がつけば
すぐ下は最初の駐車場だった。。

三草山登山道

低山だと完全にナメてました。。

仕切り直して再び出発します

三草山登山道

よくよく考えたら近畿自然歩道にもなってる山なのに
標識がなく迷いやすいなんてあり得ないですよね

三草山登山道

とりあえず広い道を信じて道なりに進めば・・・

三草山登山道

三草登山口に到着

三草山登山口

駐車場から登山口まで少し離れています
最初から焦り過ぎました

三草山登山道

ここから登山スタート
山頂まで約2kmです

三草山登山道

今年は暖冬で長く楽しめた紅葉も
この一週間ですっかり冬枯れていました

三草山登山道_落ち葉の道

いきなり複雑に分岐するルート

三草山登山道_古道分岐

三草古道ルート?
魅かれますが私の地図には載ってなく
どこに続くのかも分からないので今回は自粛

三草山登山道_古道分岐

メインルートの三草コースで登ります

三草山登山道_三草コース

南向きの明るい尾根道です

三草山登山道_三草コース

夏には暑すぎて辛いかも
山にも旬の季節がありますからね

三草山登山道_三草コース

立派な駐車場からして登山者の誘致に
力を入れていることは分かりましたが

ちょっと整備されすぎかな、、

三草山登山道_三草コース_鎖場

とても違和感が。。

三草山登山道_三草コース_クサリ場

第一ベンチ

三草山登山道_三草コース_ベンチ

振り返れば既にこの眺め
絶景を背負って登ります

三草山登山道_三草コース_昭和池の眺め

目の前に三草山(中央の少し平なピーク)

三草山登山道_三草コースから眺める山頂

周回ルートの稜線
期待していたより5倍は大きな光景でした

三草山登山道_周回コース稜線

日曜の朝に寝起きに思い付いて来る所ではなかったかも…

三草山登山道_三草コース

駐車場に車が多かったわりに
登山者には殆ど会わず静かな登山道でした

先行者はみんな同じ方向に周っているのかな

三草山登山道_三草コース

標高が上がるほど山肌は風化が激しく
ボロボロの岩が山の骨のようにむき出しになっています

三草山登山道_三草コース

ウバメガシやツゲが多いのも独特

三草山登山道_三草コース_ツゲ

三草山と周辺の森は堂々の国有林です

三草山登山道_三草コース_ウバメガシ

地質のことはよく知りませんが
たぶん六甲山とは何かが違います

三草山登山道_三草コース

近畿自然歩道の標識が頼もしい

三草山登山道_三草コース_近畿自然歩道

どこで疲れて立ち止まっても振り返ればほぼ絶景!

三草山登山道_三草コース_播磨平野の展望

素晴らしいルートでした

三草山登山道_三草コース_絶景

三草山山頂

三草山 423.9m

三草山_山頂

360度の展望ですが南の空が瀬戸内海まで全開です

三草山_山頂から眺める播磨平野

遠くに見える六甲山
須磨から宝塚まで続く縦走路が一望できます

三草山_山頂から六甲山

東には三田のランドマークの羽束山も
クジラの頭と尻尾わかりますか?

三草山_山頂から羽束山

三草神社の祠
奉られているのは菅原道真

三草山_山頂にある三草神社

学問の神様ですね
合格祈願登山をする学生もいるそう

スタンプの柄は月替わりになっているようで
今月のスタンプが置かれていました

三草山_山頂にあるスタンプ台

これは珍しいかも
これじゃまた来ないわけにはいきませんね

山頂の北側には丹波の山が続きます

三草山_山頂から丹波方面の眺め

すぐ隣には笠形山 939m
今日は向うからの眺めもさぞかし

三草山_山頂から笠形山

絶景の山頂でお弁当
おにぎりが最高のごちそうでした

三草山_山頂ベンチ

よくみると年末年始の準備も
初日の出には大勢集まるのかな

三草山_山頂にある壊れたベンチに迎春の文字

今年ラストの一山がこの山でよかった

三草山_山頂の色鮮やかな紅葉

鹿野(かの)ルートで下山

三草山の山頂から時計回りに周回して帰ります

三草山_鹿野コース

途中で3人組のオッチャン達とすれ違った

かなりの猛者らしく全てのルートに詳しく
詳細な地図までいただいた

三草古道の途中には"大人の隠れ家"があると
謎の言葉を残して去っていった

三草山_鹿野コース

妄想が膨らんで頭から離れなかった・・・
次にまた来よう

三草山_鹿野コース

鹿野(かの)コースも明るい尾根道です

三草山_鹿野コース

畑(はた)登山口からの合流点
駐車場もあるそうなのでここから周回でもいいですね

三草山_鹿野コースと畑コースの分岐

急な登り返しの半ばにさりげなく据えられたベンチ
景色もいいので焦らず行きます

三草山_鹿野コースのベンチ

天狗岩への分岐
ルートから逸れた位置にあります
少し寄り道します

三草山_鹿野コース_天狗岩の分岐

雑木林の樹木の間を身をかがめて数十mほど下ります
トゲのある雑草が脚に絡みついて難儀しましたが

突然、展望が開けます

天狗岩 304m

三草山_天狗岩

誰もいなかったので
岩の上に座って景色を独り占めでした

三草山_天狗岩

素晴らしい!

三草山_天狗岩からの眺め

播磨平野の遠く南に雄岡山(左)と雌岡山(右)
裾野が美しい左右対称です

三草山_天狗岩からの眺め_雄岡山と雌岡山

写真には写りませんでしたが
その向こうに明石大橋と淡路島も見えました

更に条件がよければ紀伊半島まで見えるそうです

天狗岩の三角点
四等は特に表示がないことが多いので逆に珍しいかも

三草山_天狗岩の四等三角点

鹿野ルートに復帰して昭和池方面に下ります

三草山_鹿野ルート

牡蠣殻のように脆く滑りやすい一枚岩の上を何度も歩きます
下りでは靴底の摩擦力が頼りなのでスニーカーでは心もとないかも

三草山_鹿野ルート登山道

途中に昭和池の三草登山口駐車場に戻る道の分岐がありますが
時間にも余裕があったので鹿野登山口の様子も偵察に下りました

三草山_鹿野ルート登山道

田んぼの真ん中に出ます

三草山_鹿野ルート登山口

ここが鹿野登山口
周辺に駐車場はありません

三草山_鹿野ルート登山口

朝光寺には車が停められるそうなので
起点にすれば周回ルートも組めそうです

三草山_鹿野ルート登山口

源平合戦の山でもあります
源義経に破れた平家は一ノ谷(須磨)、壇ノ浦へと…云々

三草山_源平合戦の説明

昭和池 北播磨の水がめ

鹿野登山口から昭和池の駐車場に戻ります

鹿野ルートから昭和池へ戻る登山道

何故か地図にも登山道の標識にも周回ルートのことが全く記載されていませんが
ちゃんと道がついています

昭和池に到着

昭和池のほとり

ちなみに兵庫県はため池の数が日本一
その中でも県内最大の容積をもつ昭和池

【ひょうごのため池(兵庫県)】

播磨平野は降水量が少なく
昔から旱魃が多かったからだそう

湖、いえ海みたいな眺めです

ラムネ色の水面
ゴミが一つも浮いていないのも驚きです

昭和池

ため池なのに白砂青松
風光明媚な山でした

昭和池の岸辺

堤防施設の横に出ます

昭和池の施設

管理道路を下って駐車場に到着です

三草山登山口_駐車場

・・・

一周約4時間のプチ縦走でしたが
絶景、歴史、昭和池、紅葉と見どころも多く歩き応えありました

最大の魅力はやっぱり播磨平野を一望する展望なので
天気のいい週末にお弁当を持ってまた登りたい名山です

三草山_コナラの黄葉

兵庫100山には北摂にも三草山があるそうで
同じく源平合戦の伝説が残っているとか
次はそちらも登り比べてみよう

スポンサーサイト
  1. 2018/12/24(月) 22:13:59|
  2. 小旅
  3. | コメント:0
<<山に行ってきました | ホーム | 【兵庫】有馬富士(風のミュージアム・千丈寺湖)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タイヘー

Author:タイヘー
健康のために山を始めました
近所の六甲山から全国の名山まで
マイペースでも一歩づつ山頂へ
新しい驚きと感動に満ちた山旅を!

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

コンテンツ

FC2カウンター

管理用