写真で綴る登山と旅のあれこれ

六甲山(初日の出2018)②

2018年1月2日(火)

有馬(5:20)→有馬稲荷→炭屋道→紅葉谷→極楽茶屋(6:50)→ガーデンテラス(7:20)→極楽茶屋(7:50)→七曲滝(8:20)→有馬(9:20)

スーパームーン

スーパームーン

地球を回る月の軌道は
円ではなく楕円のため

その距離は一定ではなく
近づいたり遠ざかったりしています

そのため月が地球に
最も近づいたときに
満月が重なると・・・云々

年明け早々の1月2日の満月は
2018年で最も大きく見える満月です
(→国立天文台

・・・

5:00
昨日に続けて
今日も有馬に来ていた

寒いのでエンジンをかけたまま
車内で身支度をしていると

聞き慣れないラジオ番組が
そんなニュースを伝えていた

やけに月が明るいと思ったら
どおりで・・・

昨日は同じ時刻に
ほぼ満車だった駐車場

今日はガラガラだった

有馬ロープウェイ駐車場

そして静かだった

温泉の宿泊客も寝静まっているのか
耳を澄ませても物音一つしない

有馬温泉

昨日はヘッ電の列だった
魚屋道を途中で離脱して

月明かりも届かない
真っ暗な紅葉谷へ下っていく

数年前の台風の被害で
コースの一部が通行止めになり

登山者が殆どいなくなった
紅葉谷

六甲に熊はいない前提にしても
一人では少し心細かった

・・・

今年最大の満月もいつの間にか
残照の西の空に消えていた

満月ということは
月と太陽が地球を挟んで正対するので

月の入りが日の出の時刻

・・・

6:50
極楽茶屋

間に合った

極楽茶屋

通り過ぎると背後で
シャッターがけたたましく開く音がした

六甲山_日の出

今日の目的地はここ

六甲山_日の出

ガーデンテラスの手前の稜線

以前はヤブに覆われていましたが

昨年に展望が全開になり
ここからの日の出が見たかった

六甲山_日の出

昨日の六甲山頂(左の鉄塔)からは
歩いて1時間ほど西の稜線

六甲山_日の出

展望はこちらの方が良いです
そして何より空いている

この景色を貸し切りでした

六甲山_日の出

有馬側から日の出の空に向かって
この日は風が少し強め

背後の鉄塔群が風を切る音なのか

ときどき獣の声のような音がして
ドキリとさせられた

六甲山_日の出

背後のヤシャブシの樹が
風除けになってくれるので

殆ど風は当たりませんでしたが

手袋の中に押し込んだ
カイロの位置をどうやってみても

指先がかじかんで
シャッターを切る手が痛かった

六甲山_日の出ポイント

結局この日も
東の空には雲が多め。。

短い飛行機雲を引きながら
その雲を飛び越えていくジェット機の影

急にキリメンバーのことが懐かしくなった

六甲山_日の出ポイント

雲のテッペンが
金色に輝き始めたら

六甲山_初日の出_2018

さあ始まるぞ!

六甲山_初日の出_2018

新年おめでとうございます!

六甲山_初日の出_2018

やっぱりこうでないと
スッキリしました

・・・

冷えた体でガーデンテラスに到着

ここのトイレは凍結防止なのか
24時間暖房のオアシスなのです

用がなくても立ち寄ってしまう。。

六甲山_ガーデンテラス

誰もいないテラス

この日の秘密兵器
バラクラバ(銀行強盗が被るやつ)で

家から淹れてきた
紅茶で暖をとりながら

六甲山_ガーデンテラス

寒い寒いと思ったら
ザックにも霜が降りていた

この寒いのにどうして正月から
日の出を見に行くのか?

毎年のように自問自答しながら。。

六甲山_ガーデンテラス

一つは
体内カレンダーをリセットするため
これで新年のスイッチが入るのだ

もう一つは
CPが高いこと

寒さだけ気合いで我慢できれば
平日より2時間ほど早起きするだけで
日の出が見られる特典が魅力

5時に日が昇る
夏だとこうはいきません

冬は空気が澄んでいて
日の出が見える確率が高いし

汗をかかなければ
洗濯物も少なくて済むし

六甲山_ガーデンテラス_日の出

正月に摂りすぎた
カロリーと塩分を消費するため
という実用的な目的も

六甲山_ガーデンテラス_日の出

それに日の出を見た日は
その日を大切に過ごせると思うから

今年は日の出を見られる山行を
多めにしたいと考えています

六甲山_ガーデンテラス_日の出

さあ2018年
今年もいけるところまでいってみよう!

本年もよろしくお願いします

スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2018/01/02(火) 11:02:06|
  2. 六甲山
  3. | コメント:0
<<インドア派な山の楽しみ方 (登山ルート分析) | ホーム | 六甲山(初日の出2018)①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タイヘー

Author:タイヘー
健康のために山を始めました
近所の六甲山から全国の名山まで
マイペースでも一歩づつ山頂へ
新しい驚きと感動に満ちた山旅を!

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コンテンツ

FC2カウンター

リンク