写真で綴る登山と旅のあれこれ

甲斐駒ヶ岳③

駒津峰

2017/9/9(土)

仙水峠から駒津峰への登り

甲斐駒_登山道_仙水峠

コメツガ、シラビソ
針葉樹の原生林を抜けると

甲斐駒_登山道_シラビソ

ダケカンバからハイマツへ
明るい尾根道になった

甲斐駒_登山道_ハイマツ

約3か月の充電期間
体力は増えてるんだか衰えているんだか

息を切らせながらも脚は止まらなかった

甲斐駒_登山道

森林限界を抜けた辺りで
仙水小屋を早立ちした先行者に
追いつくようになった

甲斐駒_登山道

鳳凰山に向かって鹿肉を食べたいと
焦がれた目で話すオッチャン

甲斐駒_登山道_鳳凰三山

クラシックな二眼レフカメラで
仙丈のガスの晴れ間を狙うオッチャン

甲斐駒_登山道_仙丈岳

天気予報をみて
もっと晴れると期待したのに
とボヤくベテランの女性

この先も同じようなペースで
山頂や温泉まで一緒になった

うーん・・確かに

甲斐駒_登山道_鳳凰三山

晴れていればオベリスクの向こうに
富士山が見えるそう

でもしばらく雲海を見ていなかったので
これはこれでよかったかな

甲斐駒_登山道_雲海

こちらから見ると仙丈の方が
ガスが多いように見えたけど

帰りのバスで仙丈組に
写真を見せてもらったら

仙丈の山頂はずっと快晴で
甲斐駒が雲に覆われて見えたそう

甲斐駒_登山道_仙丈

夏空でも秋空でもない
今年らしいといえば今年らしい

甲斐駒_登山道_雲海

空は高く青く晴れているのに
山にだけ雲がかかった空模様

甲斐駒_登山道_雲海

稜線に出ると北アルプスが
視界に飛び込んできた

甲斐駒_登山道_眺め

駒津峰

甲斐駒_登山道_駒津峰

皆ここに荷物をデポして
山頂までピストンするらしい

持っていく水と食料について
白熱した議論が飛び交っていた

私は・・・面倒くさいので
そのまま全て背負っていくことに

・・・

ようやく甲斐駒の懐へ

甲斐駒_登山道

故障して時差のある時計で
もはやコースタイムも時刻も分からず
漂泊登山になっていた

甲斐駒_登山道

山頂へ!

甲斐駒_登山道

一体どこを登るんだろ。。

スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2017/09/09(土) 21:38:15|
  2. 山行記
  3. | コメント:0
<<甲斐駒ヶ岳④ | ホーム | 甲斐駒ヶ岳②>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タイヘー

Author:タイヘー
健康のために山を始めました
近所の六甲山から全国の名山まで
マイペースでも一歩づつ山頂へ
新しい驚きと感動に満ちた山旅を!

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

コンテンツ

FC2カウンター

管理用