写真で綴る登山と旅のあれこれ

甲斐駒ヶ岳①

登った日

2017年9月8日~9日

天気

9月8日晴ときどき曇
9月9日晴ときどき曇

標高

  • 甲斐駒ヶ岳2967m
  • 摩利支天2820m
  • 北沢峠2030m
  • 仙流荘860m

コースタイム

<9月8日(金)>

仙流荘(13:45) …(バス・臨時便)…北沢峠(14:40) → 長衛小屋テン場(15:00)

<9月9日(土)>

長衛小屋テン場(4:30) →仙水小屋(5:10) →仙水峠(5:45)→駒津峰(7:25) →駒ヶ岳(9:00/9:40)→摩利支天(10:10/10:25)→駒津峰(11:30)→双児山(12:00)→北沢峠(13:00)→長衛小屋テン場(13:10/14:00)→北沢峠(14:10)…(バス・臨時便)…仙流荘(15:00)

登山口までのアクセス(車)

中央道伊那ICから国道152号で仙流荘まで25km一般道(2車線)
仙流荘から登山バス乗り換え

駐車場

仙流荘前350台無料

持ち物+α

周辺情報


北沢峠

2017/9/8(金)

週末に三つ並んだ
晴れマーク!

それも
高気圧ど真ん中
私にも晴れだと分かる

こんな天気予報
私が記憶する限り

6月の梅雨入りから
約3か月ぶりだ

夏休みの縦走用に
パッキングされたまま

部屋の片隅で
扇風機とひと夏を過ごした
デカザックと緊急出動!

向かう先は・・・

夏の間に作り置いた
登山計画コレクションから

今年の目標であり
かねてから念願だった

南アルプスへ

とはいえ
久しぶりの週末登山

リハビリも兼ねて

南アルプスの玄関口

甲斐駒ヶ岳

テント一泊二日で
マッタリと満喫してきました

・・・

11:50
長野県伊那の仙流荘

甲斐駒_仙流荘

南アルプスへのアクセス道は
一般車は通行止めのため

ここで登山バスに乗り換えます

甲斐駒_仙流荘_バス

大混雑の予感がしたので
金曜日に出発しましたが

駐車場は既に満車。。

甲斐駒_仙流荘_駐車場

河原に臨時駐車場があるので
車は問題ありませんが

この週末が思いやられる。。

甲斐駒_仙流荘_臨時駐車場

バス停留所
自動券売機で乗車券を購入

登山案内所を兼ねた
簡易な売店もあります

甲斐駒_登山道_バス乗り場

駒ヶ岳
長野(信州)と山梨(甲州)の県境の山

深田百名山に
甲斐駒ヶ岳と紹介され

一般的に
木曽の駒ヶ岳と区別して
甲斐駒と呼ばれますが

ここは長野のプライドなのか
露骨に東駒ヶ岳の表記になってます

・・・

次のバスは・・

登山バスの運行予定表は
理解するのにいつも悩んでしまう。。

甲斐駒_仙流荘_バス時刻表

忙しないので12:10は見送って
最終の14:20のバスに乗ろう

それまで
仙流荘でひと風呂でもいいな

甲斐駒_登山道_仙流荘_バス乗り場

駐車場で身支度をしていると
次々と車が入ってきた

今朝の天気予報をみて
埼玉から駆け付けたという
オッチャン

関西からも
奈良から駆け付けた
オッチャン

広島から駆け付けた
3人のオッチャン

赤のシャツに赤いコーラの
カープ御一行だ

やはり
今夏は天候不順だった

みんな久しぶりの山で
待ちに待った想いは同じ

会う人会う人テンション高めで
会話も弾みました

これはよい山行の予感

・・・

13:45
バスを待つ人が増えると
随時臨時のバスが出ます

甲斐駒_登山道_臨時バス

奈良のオッチャンにもらった
見慣れない栄養ドリンクでドーピングして
既ににギンギンの状態でバスへ

窓側の席に収まって
ザックを膝の上に抱えると
身動きできず前も見えなかった

甲斐駒_登山道_南アルプスバス

元々夏休み用に
南アルプス最深部の縦走予定で
パッキングしていた80ltのデカザック

他の登山者を見回しても
明かにオーバースペックだった

・・・

仙流荘から北沢峠まで
標高差1200m

目もくらむ高さの急カーブを
ガードレール擦れ擦れに
激しく横揺れしながら。。

登山者で満員のバスが
ローギア全開で駆け上がる

恐ろしい箇所は
寝たふりをしてやり過ごしながら

この週末は
8台のバスが出ているそうで

運転手さんは無線で他のバスと
飲み屋のような軽口を交わしながら

限られた待避スペースで
器用にすれ違っていく

・・・

目の前には鋸岳がバーン!

甲斐駒_鋸岳_鹿窓

とんがりピークの右下に
鹿窓と呼ばれる小穴が見えますか?

鋸山は200名山で
登ることもできるそうですが

超難ルートのため
一般登山者は入山はできません

ルートはあの穴も通るそう

・・・

8年前カモシカと歩いた歌宿
この日は素通りして直通で北沢峠へ

甲斐駒_北沢峠

バス停横の長衛荘は
こもれび山荘に名称が変わっていた

この週末は既に予約で一杯だそう

甲斐駒_こもれび山荘

ここからテント場まで約10分

甲斐駒_北沢峠_テント場

ちなみに
長衛さんこと竹沢長衛翁は
南アルプス伝説の開拓者

かつては
テントで何日もかけて
縦走するしかなかった

甲斐駒や仙丈に
こんなに手軽に登れるのも

先人のおかげなのです

山開きの6月には
記念祭も行われるそう

甲斐駒_北沢峠_テント場

長衛小屋
北沢駒仙小屋から名称が変わって
建屋も新しくなっていた

甲斐駒_長衛小屋

押しかける登山客に
スタッフも少々うんざりなのか

登山情報や施設の説明もなく

不愛想にガチャンと日付を刻印した
テントタグを手渡されて受付は即完了

甲斐駒_長衛小屋

よかった!
テン場はまだまだ余裕

甲斐駒_長衛小屋_テント場

テントが並んで見えている
左奥は北沢の沢が流れてます

一段下にも続き

甲斐駒_長衛小屋_テント場

これだけ大きなテン場が
翌日には足の踏み場もないことに・・

・・・

とりあえずテントでゴローン!
半分はこのために来たんだもんね

甲斐駒_北沢峠_テント場

辺りを観察すれば
モンベルのテントがやや多め

最近は青や緑色が主流?

かつて真新しい黄色が
浮いて見えた自分のテント

今や一見してシワシワで
むしろ古参の範疇だ

・・・

甲斐駒_北沢峠_テント場

テントからのゴロ寝ビュー

雲の隙間から一瞬
違和感のあるものを見た気がした

甲斐駒_北沢峠_テント場

山奥に突如現れた高層ビルのような
常識的な山の色とは何か違う

雪をまとったような白さとは聞いてましたが
西日に輝く白さは想像を超えていた

甲斐駒_北沢峠_テント場

地図を調べると
この角度から見えるのは
摩利支天の背面

明日はあのピークを越えていこう

・・・

夕方

ゲッソりと疲れ果てた顔で
登山者がテン場に帰ってくる時間

ここをベースに2日間で
甲斐駒と仙丈に連登する人も多いそう

甲斐駒_北沢峠_テント場

夕食は
荷物に余裕があるので
初日から贅沢に山カレー

普段はクタクタになるまで
歩いたご褒美なんですが

全く歩いていないためか
いつもとは違った味がした

甲斐駒_北沢峠_テント場

どっぷり暮れて・・

消灯時間の21時を過ぎても
小屋の窓は煌々と灯っていた

風もなく冷え込みもなく
吸血系の羽虫もいない

テント数は多いのに
遠くで学生の宴会が聞こえるだけで

静かで穏やかな夜

疲れていないので
こんな時間に寝付けるはずもなく

眠くなるまで
北沢の水音に耳を澄ませながら

峠の細い空から
満天の星を見上げていた

スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2017/09/08(金) 22:51:07|
  2. 甲斐駒ヶ岳
  3. | コメント:0
<<甲斐駒ヶ岳② | ホーム | 恵那山③>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タイヘー

Author:タイヘー
健康のために山を始めました
近所の六甲山から全国の名山まで
マイペースでも一歩づつ山頂へ
新しい驚きと感動に満ちた山旅を!

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コンテンツ

FC2カウンター

リンク