写真で綴る登山と旅のあれこれ

和気アルプス

登った日

2016年2月28日

天気

曇ときどき晴

標高

神ノ上山 370m

コースタイム

鵜飼谷温泉(8:10)→登山口(9:20)→和気富士(9:40)→烏帽子岩(9:50)→間ノ峰(10:40)→穂高山(10:50)→涸沢峰(11:00)→ジャンダルム(11:20)→ザイテン(11:50)→衝立岩(12:20)→剣峰(12:30)→神ノ上山(12:40/13:30)→チンネ(13:50)→白岩様(14:10)→鷲の巣(14:20)→槍ヶ峰(15:10)→馬の背(15:30)→鵜飼谷温泉(15:40)

登山口までのアクセス(車)

山陽道 和気ICから国道374で鵜飼谷温泉まで約10分
一般道(2車線)

駐車場

  • 鵜飼谷温泉第9駐車場まであり
  • 由加神社
  • 県96沿い河川敷
  • 藤公園など

持ち物+α

地図(ルートが多数で複雑)

周辺情報


北アルプスのテーマパーク

今年の1月に続けて登った
播磨アルプス紀泉アルプス

昨年の小野アルプス
多紀アルプスも楽しかったし
六甲にも須磨アルプスがありますね

どのアルプスも個性が全く違っていて
日帰りでも凝縮した山歩きが楽しめる
”ご当地アルプス”

全国にどのくらいあるか調べてみたら
こんなにたくさんあるんですね
<ご当地アルプス>

関西から日帰りで登れる
アルプスをもっと探していて

六甲山で出会った登山家の女性に
教えてもらったのが

岡山県の和気(わけ)アルプス

ここには山好きの心をくすぐる
ちょっとした仕掛けが有名なんですが

さてさて今回はどんな
アルプス縦走ができるかな

・・・

和気鵜飼谷温泉
今回はここが出発点

神戸から車なら山陽道で1時間ちょっと
和気ICを下りてすぐ登山口と温泉だなんて
アクセス抜群アルプスです

学校の上に見える稜線が
今から歩く縦走路(烏帽子岩の辺り)

初め気が付かなかったんですが
よく見ると和の文字になってます

和気町名物の和文字焼き
本場がどこなのか知らないけど
これもご当地かな

市街地を少し歩いて
尾根の付け根の登山口

健康づくりの路
主稜線のコースで最もポピュラーだそう

南向きで日だまりの尾根
よく整備されて歩きやすい道です

秋にはマツタケ山になるので
入山規制の期間があるようです

春にはツツジの名所で賑わうそう

躑躅(ツツジ)
漢字で書くとちょっとグロテスク
あまりの美しさに魅かれて足が進まなくなるから
はたまた葉の毒性で足がフラフラになることから

10分ほど登った尾根の中腹
せり出した岩場から展望が開けます

和気富士 173m
山頂にはかつてお城がありました

ここから和気アルプス縦走の始まり!

主稜線の登山道は踏み跡も明瞭
標識頼みでも歩けます

気持ちのいい岩稜にでた
いいお弁当スポットがたくさん

鉄道の山陽本線の和気駅も近く
電車で登りに来る人も多いとか
長い貨物列車が頻繁に通過するたび
線路が鳴る音が聞こえていた

コース脇の岩場へ

さっき下から眺めた学校の真上に出た
誰か気が付いてくれないかな

吉井川を挟んで向うは
外国山というそうな

まだ縦走は始まったばかりなのに
長居してたら食料の大半を食べてしまい
再び縦走路へ

和文字の中?
さっき麓から見ていた場所ですね

お盆の夜に
ここで送り火が焚かれます

小さなケーブルカーで
荷揚げできるようになっていた

まだまだ続く縦走路
遥か神上ノ山(一番奥)まで歩きます

こんな登り返しをいくつも越えていく
ここまで特に危険箇所はないですが
手をつかってよじ登る岩場も

山全体が獣柵に囲まれたイノシシ山で
冬の狩猟期間はハンターに誤って狙われないよう
熊鈴などをつけて歩いた方がいいとか

ピークかどうか分からないような
小さいピークにも名前が付いていて

かわいいイノシシプレートと
面白いネーミングの様々な名所が
和気アルプスのお楽しみ

さていくつ見つけられるかな

痩せた尾根の道
樹木がなかったら怖いかも

天気予報は快晴だったんですが
春霞とスギ花粉でボンヤリした眺め

岡山百名山にも入っていて
バスツアーで来る人も多いそうですが
ここまで出会ったのは一組だけだった

ここから縦走路の核心部へ
稜線が一段高くなります

玉ネギの皮のように剥がれて滑る
岩の板(スラブ)を登り切ると

振り返れば和気富士から
ここまで歩いてきた縦走路を一望!

主稜線から複数枝分かれした尾根も
バリエーションルートになってますが

ザレた急斜面は滑りやすく
手掛かりもないのでかなり危険

登り専用になっている
尾根道もあります

どこかでヒバリが鳴いているのが聞こえて
風には懐かしい春の匂いが混じっていた

気持ちのいいスカイライン
その頂は・・・

穂高!?
嬉しくなってしまう

気分は北アルプス大縦走だ

行く手に拡がるのは・・
槍への稜線と槍沢カールを妄想

3000m級の稜線を
となりのピークまで縦走します

竜王山と小竜王
由加神社からのルートになっています

大迫力の岩のピーク
一組が登っているのが見えます

涸沢峰
山頂でカメラを落としたトラウマと
ピッケルで氷壁を下った恐怖が甦る・・

ということは
こっちは北穂かな

山頂で妄想に耽っていたら
地元のベテランさん(名前を訊き忘れたのでFさん)

神戸から来ましたと話したら
”じゃいいところへ連れていってやる”と
一緒に名所巡りをしていただけることに

大キレットも一息で飛び越えて

まさか憧れのジャンまで
こんな形で歩けるとはね。。

稜線から細い踏み跡を
谷底まで一気に下って

ザイテンで再び稜線へ!

実は雪のないザイテンは初体験
稜線よりしっかりした側岩稜

毎週ここを歩かれるという
Fさんのペースに着いていくのがやっとの状態で

一体どこを目指しているのか訊いたら
Fさんがストックで上を指した
”劔だ”

もはや北アルプスのテーマパーク
みたいになってきましたが

Fさんと山好き同士
山の話が楽しかった

重い病気を乗り越えられて
御歳六十九で私以上の体力

もし明日までの命だったら
今日何をする?

よりも

昨日までの命の危機から
今日助かったとしたら
明日から何をする?

の方が強い気がする

山で元気な鉄人に出会うと
年齢の概念が一変します

年齢を言い訳にしない人って
カッコいいですね

そこから猛烈な登り返しが続き

”ちょとハード”なツイタテ岩コース
いやいやちょっとどころでは。。

私の地図にはないバリエーションルートで
もうどこを歩いたのかも分かりませんが
リードはついてます

マサミチさんが拓いたコース
山頂の記帳ノートの表紙に本人の名前があります

あと少し
下りは”かなりハード”になっていた

衝立岩
イノシシの顔も猛々しい

岩場の覗き
腰が引ける眺め

谷川岳からの眺めを妄想
今年こそ!

穂高と涸沢峰の稜線
間に横たわるザイテン

ここから緩やかに少し登って・・

剣峰
もうお腹いっぱいです。。
イノシシも一番の男前

・・・

岩場の緊張感から解放されて
ここまでとは一転して穏やかな森の路

パッと空が開けたら

神ノ上山(こうのうえやま) 370m
和気アルプスの最高峰

条件がいいと瀬戸内海と小豆島
北には那岐山も見えるそうですが

昼食で気力も回復して
これで帰るのかと思ったら

おもむろに支度を始めたFさん
”一番景色のいい場所に行こう”

今度は南側へ

予感はしてましたが
やっぱり岩のルート。。

屹立した岩の塔
カッコいいね

チンネ(尖った岩のピーク)
本場はどこなんだろう

クライミング場の鷲の巣

今からあのテッペンに立ちます
もちろん別のルートでね

もうご当地アルプスということは忘れて
本気モードで岩と格闘していた

細くてサビサビのクサリ
掴むのは怖いし掴まないともっと怖い

ハシゴがあって助かった

スラブの急降下
足の裏の感触を確かめながら
牡蠣殻のように脆く砂利が滑ります

このまま麓まで下るのかなと思ったら
獣道程度の踏み跡へ分け入って鷲の巣へ

岩場の直下は竹藪になってます

白岩様にお参りしていたFさん
ストックをザックに入れ始めた

”ここからは本気で行かないと”
”落ちるかもしれないぞ”って。。

冗談かと思うような場所を登ります

牡蠣殻のように脆かったスラブより
硬い岩の感触で登りやすいですが

一歩でも踏み外すと
たぶん大変なことになります。。

あと少し
最後はトラバース気味に

鷲の巣!
ちょっとだけ高度に馴れてしまった。。

チンネから見えていたクライマーが上がってきて
70歳を越えた超人ガイドだと知って驚いた

藤公園の方から登る東の尾根も楽しそう
1日で回りきれないのでまた来ます

・・・

たっぷり遊んだ1日でした
再び稜線へ戻って帰路へ

さっき槍沢カールのように見えた
稜線を伝って鵜飼谷温泉へ下ります

そして最後が槍だなんて
ステキすぎますよ!

まさに和気アルプスの中心
歩いた稜線を一望!

やっぱり剣がカッコいい

ザイテンの岩の形がたまらない感じ。。
山バカ度が更に進行している気がする

紀泉アルプスや矢田丘陵
先週の六甲でもそうでしたが

地元の山をとことん登っているベテランさんと
話す機会に恵まれることもご当地アルプスの魅力かな

自分が好きなものが分かっている人は
一般的な贅沢やメジャーを追い求める必要がなく
お金や時間のせいにすることもない

自分が本当に好きなものは
意外と身近にもあるものなのかもね

”山高きが故に尊からず”
”知足”の本当の意味を教わった気がします

Fさん
ありがとうございました
いつまでもお元気で

日本一かわいいアルプス
でも充実感は本物
和気アルプスでした

スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2016/02/28(日) 21:28:09|
  2. 和気アルプス
  3. | コメント:0
<<残雪の竜ヶ岳(鈴鹿) 宇賀渓谷から遠足尾根と金山尾根で周回 | ホーム | 三室山(みむろやま)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タイヘー

Author:タイヘー
健康のために山を始めました
近所の六甲山から全国の名山まで
マイペースでも一歩づつ山頂へ
新しい驚きと感動に満ちた山旅を!

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コンテンツ

FC2カウンター

リンク