写真で綴る登山と旅のあれこれ

矢田丘陵(やたきゅうりょう)

登った日

2016年1月31日

天気

晴れ

標高

  • 松尾山 315m
  • 矢田山 340m

コースタイム

法隆寺駅(8:20) → 法隆寺(8:50) → 天満池(9:20) → 松尾寺(10:00/10:10) → 松尾山(10:20) → 国見台(10:50/13:40) → 矢田寺(11:40/13:30) → 頂上展望台(14:00) → まほろば展望台(14:00) → 小笹ノ辻(14:20) → 子供の森(14:40) → 霊仙寺(15:00)→ 富雄駅(15:30)

登山口までのアクセス(電車)

往路:JR 法隆寺駅
復路:近鉄 富雄駅

駐車場

松尾寺、矢田寺、こどもの森、等

周辺情報


まほろば山

寒い日が続いたので
ホッコリできる場所に行きたかった

大阪と奈良を隔てる生駒山地

そのすぐ隣に小さく並んで
盛り上がった山域

矢田丘陵(やたきゅうりょう)

山ではなく丘くらいの
ユルさがちょうどよかったです

・・・

今週も早起きして
電車に揺られること1時間半

電車の時間は
他所の土地の人になる準備の時間

気持ちが旅行モードになって
濃い山旅ができる気がするんですよね

法隆寺駅へ
学校の遠足以来かな

観光客で一杯かと思いきや
地元の散歩の人がチラホラ

千四百年の・・国内最古
聖徳太子が云々・・

でも観光地らしくなく
ただ普通の公園みたいで
格式張った感じがしない

そんな奈良が好きです

お寺の裏手に回ると
目的の山並みが見えた

矢田山遊びの森
よく整備されていて長閑な
山歩きが楽しめるコースです

イラストマップを持ってましたが
載っていない分岐も多く 

道に迷って右往左往していたら
地元の方に連れてってもらえることに

この山でも登ってるうちに
みんな顔見知りになるそうで
いつしか5、6人になっていた

・・・

松尾山 315m
NHKの電波塔の陰に三角点あり

難所も特にありませんが
生駒周辺でカエンタケがでているそうで
注意看板がいたるところにありました
触るだけでも危険だそうな

・・・

みなさんで一緒に国見台の展望台まで
楽しいお話ありがとうございました

展望台から奈良盆地を一望!

ここに都があった大和の時代
この盆地は湖だったそうな

当時は海面が数mも高かったので
大阪湾から大和川を遡って
大きな船が入ることができた
なんかロマンチック

黄色く見えるのが若草山
毎年1月下旬の山焼きが有名ですが
今年はうまく焼けずに大半残ったとか

・・・

ここから再び一人で静かな山歩き

道は広くて平坦なので
トレランやMTBで乗り入れている人も

ヒノキの森だからなのか
いい香りに包まれるような快さです

稜線の主ルートから寄り道して
矢田寺まで下ってみた

お地蔵さんがたくさん並んだ
遍路道を抜けると・・・

アジサイで有名なお寺だそうですが
古刹や仏閣のことはよく分からないので

寺より苔でしたが

静かでした
時間も季節も止まってしまったような

古民家の甘味屋さんを貸し切りで
縁側でお茶とお菓子でホッコリ。。
1月ということを忘れてました

・・・

再び稜線に戻って

矢田峠

矢田山 340m
ここが本日の最高点

展望台から生駒側が開けてます

いつも六甲山で眺める日の出は
この稜線を越えてくるんですよね

春はもうすぐ!

歴史ロマンに浸れる まほろば山
矢田丘陵でした

スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2016/01/31(日) 18:08:44|
  2. 矢田丘陵
  3. | コメント:0
<<雄岡山・雌岡山(おっこさん・めっこさん) | ホーム | 紀泉アルプス(雲山峰・大福山・俎石山)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タイヘー

Author:タイヘー
健康のために山を始めました
近所の六甲山から全国の名山まで
マイペースでも一歩づつ山頂へ
新しい驚きと感動に満ちた山旅を!

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コンテンツ

FC2カウンター

リンク