写真で綴る登山と旅のあれこれ

富士山(吉田口ルート)①

登った日

2007年9月15日~16日

天気

9月15日…雨のち晴れ
9月16日…雨のち晴れ

標高

剣ヶ峰 3776m
吉田口5合目 2300m

コースタイム

<9月15日(土)>

吉田口5合目(13:00)→6合目(13:10)→7合目(14:00)→8合目元祖室(16:30)

<9月16日(日)>

8合目元祖室(5:50)→9合目(7:10)→山頂(7:40)→剣ヶ峰(9:20)→下山道(11:00)→分岐→吉田口5合目(15:00)

登山口までのアクセス(車)

富士吉田ICから富士スバルラインで5合目まで28km(夏は交通規制あり)

駐車場

吉田口5合目無料混雑 一般道(快走路)

持ち物+α

スパッツ下りは長い砂走

周辺情報


洗礼

2007年9月15日(土)

吉田口5合目(13:00) → 6合目(13:10) → 7合目(14:00)→8合目元祖室(16:30)

富士山 3776m

もはや説明不要の日本最高峰

スニーカーで登れて登山道は大混雑?

登る山ではなく眺める山?

そんなこと
どうだっていいじゃないですか

誰がなんと言おうと日本最高峰

日本アルプスの高峰も
大きく引き離しての最高峰

(2位は?・・・はい北岳3193mですね)

一度は登ってみたいさ

・・・

剱疲れも抜けきらないまま
今回もS隊長を誘い

いつものことながら
殆ど衝動的に

週末の夜に飛び出した

それにしても
オッサン2人の車中泊は
やっぱりキツイなぁ・・・

・・・

中央道一宮御坂IC

河口湖の温泉街まで来たところで
天気は曇り…

目の前に見えるはずの富士山も
雲か霧かも分からない白い空に
スッポリ隠れてしまっていた

天気予報は降水確率70%
仕方がないっちゃ仕方がないけれど

希望的観測は捨てきれなかった

・・・

有料道路のスバルライン
1合目…2合目…

途中でとうとう雨が降り出した

そのまま5合目の駐車場に到着

これじゃ眺望は絶望的だな…

テンション下がりっぱなしで
レストランで昼食

出発するきっかけが見つからず
ダラダラ過ごす・・

なんて思っている私たちとは対照的に
嬉々として登って行く人人人…

ツアーの団体客、親子連れ、外国人
"超"ハイテンションな学生達

そんな彼らにちょっと励まされ出発

この山には雨山の陰惨さは存在しないのだ

吉田口ルート5合目登山口

トラバース気味にゆったり歩いて6合目
楽々

!?
…いつのまにか雨が止んでいる?

と思ったら
強い風が吹いて急に視界が広がった

富士山と初対面

まったく想像していなかった目も眩む青空

さぁ登るぞー!

溶岩のゴツゴツした登山道

お花畑や小動物など心が和む要素はなし

ただひたすらに単調に登る。。

唯一の救いは
振り返ればどこからでも絶景なこと

吉田口ルート名物の山小屋要塞

ここからはいつ現れるか分からない
自分が予約したはずの山小屋を探して登る

9月は既にに登山シーズンを過ぎているため
半数の小屋(トイレも)は営業を終了していた

高山病の症状なのか
前日の寝不足もあって眠くて仕方なかった

何度も生あくびが出て
歩きながら眠ってしまいそうだった

ときどき大声を出して眠気を払いながら

ようやく8合目に到達
この小屋は・・・まだ違うみたいだ

そしてもう一つ上の小屋へ

元祖室
本日の宿に到着

玄関を入ってすぐに受付
施設の説明からベッドの割り当てまでたぶん3分くらい
富士山の山小屋は超スピーディーだ

お楽しみの夕食は・・

どの小屋も統一規格だそうですが

これだけでワンパクな食欲が満たされるはずもなく
食後に行動食と焼酎でミニ宴会になった

初めての山小屋泊が富士山だったら・・
山が好きになれるだろうか

・・・

楽しみにしていた夕日は
この方角からではよく見えなかった

河口湖の町や都心方面の
夜景が美しかったです

猛烈な風のなか
巨大な巻貝のような雲が出現
明日の天気は・・・?

明日は早いのでさっさと寝ます

空いているように見えますが
夕食組が居ないだけで超満員

要予約なのに二つの布団に5人って…

「これはジャパニーズジョークか?」
隣の白人は怒っているようだった

9月でよかった…のかな?

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2007/09/15(土) 10:09:54|
  2. 富士山
  3. | コメント:0

プロフィール

タイヘー

Author:タイヘー
健康のために山を始めました
近所の六甲山から全国の名山まで
マイペースでも一歩づつ山頂へ
新しい驚きと感動に満ちた山旅を!

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

コンテンツ

FC2カウンター

管理用